100円プリントBOXは、オリジナルプリントTシャツ製作のインターネット激安通販店です。

プリントについて

シルクプリントサンプル

・100円プリントボックスの印刷方法はシルクプリントのみとなります。

≪シルクプリントとは≫


シルクプリントとはオリジナルプリントウェアの代表的なプリント方法で、正式名称はスクリーンプリント(俗名=シルクプリント)です。
お店に売られているほとんどのプリントウェアがシルクプリントで作られております。
デザインを色ごとに製版するので、例えば3色刷りの製版数は3版となります。
このように、デザインの色数分だけ「版」を作り、1色づつプリントし完成させます。
この方法は、インクを使い分けることにより様々な素材にプリントできる万能プリントです。
その他、インクジェットや昇華転写プリントには出来ないラメグリッターや蛍光・発泡・ひび割れ、等々あらゆるプリントができるので、「職人プリント」とも呼ばれております。


プリント作業工程

版型・プリントインク


・1版プリントサイズ=35cm×28cm内。色ごとに版型を作ります。
・文字数・プリントの大きさは料金に関係しません。
・初回に版型を制作しますので 2回目以降は同一デザイン(同じサイズ)であれば
 版代の費用はかかりません。
・版型保存期間は3年で、追加制作ごとに延長されます。
※線が細すぎるとインクがでません。最低でも1ミリ以上の太さにしましょう。
※縫い目や少しでも段差のある部分へのプリントは印刷できません。




シルクプリントの特徴
・シルクプリントは、デザインの色数が少なかったり数量が多いと、他のプリントと比べて最も安価で推奨できるプリント方法です。
・素材を選ばず、Tシャツやポロシャツの他にブルゾンやコートに直接プリントが出来ます。
・特色プリントができるので、比較的に色校正が可能です。
・プリントの技法やインクの種類が多種多様であらゆる素材に対応する万能プリントです。


シルクプリントの短所
・1色ごとに製版するため、オンデマンドや小枚数のプリントは割高なのでお奨めできません。
・ブルゾンなど撥水加工が施されているポリエステルやナイロン素材へのプリントは、洗濯を繰り返すとかすれやすく、昇華転写プリントと比べ洗濯堅牢度が悪いです。
・特色インクをその都度作るので、追加制作の色合いは製作時と若干異なります。
・ポリエステル素材にプリントするとブリード(昇華移染)することがあります。



ラバーインクの説明へ メタルインクの説明へ ラメインクの説明へ
蛍光インクの説明へ グラデーションの説明へ ナイロンプリントの説明へ
発泡プリントの説明へ BIGサイズプリントの説明へ

100円PB標準色
※下の標準色以外の色でも可能です。
ブラウザによって、色の見え方が異なりますので、色の細かい指示がある場合は
DICまたは色見本を郵送でお送り下さい。
(DICカラーは通常の1〜6巻でご指定をお願いいたします。伝統色などの特殊色は申し訳ございませんが指定できません。)

プリント色・標準色

*使用インク指示が無い場合、レギュラー&ラバーインクでプリント加工致します。
ブルゾンは撥水加工用油性ナイロンインクを使用します。

ご注意
・ウェアを永く着ていただく為に塩素系洗剤、ドライクリーニング、タンブラー乾燥は避けて下さい。
・プリント部分へのアイロンはお避けください。
・保管時にプリント面を合わせてたたむとプリント部分がくっつく場合があります。
・特にナイロン製品は撥水生地用インク使用でも剥がれ易いのでご注意ください。
・インクカラー調整は人の手で行いますので、その都度、若干の誤差は生じます。
・ポリエステル生地へ白インクでプリントすると、ベーキング(熱処理)時に生地の染料が昇華されて
 白インクに移り、生地色に染まることがあります。
・可塑剤入りの塩ビ座席シートなどへプリント部分がくっついたり、剥れたりする場合があります。